多読ってなに?

 


ブログ訪問ありがとうございます♡

Emiと申します!プロフィールはこちらです♪


 

 

 
さて、今回

多読ってなに

です。
 
 
 
この「多読」という言葉。
 
 
最近英会話業界ではジワジワ浸透して
多読のレッスンをしている教室も
増えつつあります。
 
 
すでにお子さまと英語の本を使って
「家でも実践してます!」という話も
聞いてその熱心さに感動しています。
 
 
国語の音読でもそうですが多くの
文章を読むことで多くのメリットを
得ることができるんですよね!
 
 
 
今回はそんな「多読」についてです♪
 
 
 
 
まず

「多読」とは?

 
多読とは
 
学習者が自分にとって
易しい本たくさん・楽しく読んで
 
読書速度を上げながら
読書を流暢にできるようにすること!
 
 
ここで大切なのが必ず
難しい本ではなく辞書なしでも
十分に理解できる易しい本を
楽しく読むこと!!
 
 
 
でもね、わかります。
難しい本を頑張って読んだ方が
 
頑張って読んだー!


新しい語彙を学んだー!


といった感じがするんですよね。
 
 
 
ただまだスラスラ読めない子どもや
なかなか長文が好きになれない~
 
 
という人は特に難しい本をたくさん
読むのはやっぱりつらい。
 
 
そして結局
 
もう本読むのいやだ~!
や~めた!


となってしまうのです。
 
 
 
こうなってしまったらおしまいです。
 
 
 
 
子どもたちにはそうなる前に
 
簡単だ!オレ読める!


と思える本で、うまく褒めながら楽しく
多読をしてもらいましょう!
 
 
 
 
では…

多読をするメリットは?

 
多読によって
身につく英語力はたくさんありますが
主なものとしては…
 
 
①語彙力が大幅に伸びる!
大量の本を読むことにより
数多くの単語や文型に何度も何度も
繰り返し出会うため
 
 
いつの間にか語彙数が増え
その使い方も自然に身に付きます。
 
 
 
②読むスピードが速くなる!
易しいからたくさん読める!
そしてたくさん読むことによって
 
読書の速度が上がり
より流暢に読めるようになります♪
 
 
 
③リスニング力・発音がUP!
多読の方法は色々あるかと思いますが
特に小さいお子様に私がお勧めするのは
 
1. 本を見ながらCDを聞く
2. CDと同じ発音をしながら本を見て
  オーバーラッピング(一緒に読む)
3. 音読をする
4. 英語での質疑応答
 
質疑応答については
できれば英語でしましょう♪
 
 
例として
◆Who took the children to ~? 
◆What is she doing?
◆How do you say “……” in
 Japanese?
◆How’s the weather?
◆How many … are there?
 
など
疑問詞を使うと聞きやすくなります♪
 
 
この繰り返しで読む力をつけながら
文字と文字の繋げ方や飛ばす音などを
自然とできるようになり
確実に発音がきれいになります!
 
 
発音がきれいだと
もちろんリスニング力も上がります♪
 
 
”I like it.”を
「アイライクイット」と読んでいる人が
「アイライキット」を聞けるはずがない
ですよね。
 
 
たかが発音、されど発音。
 
 
「発音なんて」という方もいますが
いいに越したことはないのです!
 
 
 
④英語のセンスが抜群に!
多読によって膨大な量の英語に
触れることで自然と英語のセンスが
身に付きます。
 
 
例えば
”She is jumping.” という文章。
 
 
絵本や歌でこの文章とたくさん出会うと
意味をはっきり分からなくても
なんとなく感覚として身につきます。
 
 
そうすると中学校のテストで過って
”She jumping.”と書いてしまった時
 
 
「ん…?なんとなく違うぞ」
と気づくことができるのです。
 
 
実は私もそうでした。
3歳から英語を初めて
中学校まで英文法を学ばず育ちました。
 
 
でも中学校の授業で先生の説明を聞いて
「あ~そうだよね!わかるわかる!」と
頭の中のパズルを組み立てているうちに
3年間終わってしまったのです。
 
 
思い返せば私も小さいころは
カセットテープと本を使い
いろんな本を読んでいました!
 
 
お気に入りのお話って
何回読んでも飽きないんですよね。
 
 
この英語の感覚をつけることで
後々の文法学習もとっても楽になり
 
 
今でも英語の微妙なニュアンスの違いを
自然と理解し、スピーキングにも
役立っています♪
 
 
メリットはまだまだあります!
・英語を英語のまま理解する力がつく
・知らない単語を推測する力がつく
・絵本による豊かな想像力がつく
・サイトワードを読めるようになる
・英語力だけでなくいずれは
 学術的なことも読めるようになる
・保護者様との愛着形成ができる
・保護者様と楽しむことで本好きに!
 
 
などなどいいこと尽くし♪
 
 
 
だからこそ!
この多読を英会話教室ではもちろん
ご家庭でも取り入れてほしいのです。
 
 
でも私の発音でいいのかしら…


音源がついていないと不安だわ…


 
といった
保護者さまの声をよく聞きます。
 
 
 
心配ご無用!
全然大丈夫です!
 
 
 
音源を使える環境や年齢のお子様は
ぜひ音源を使ってください♪
 
 
まだ小さいお子様で
なかなか音源に触れられないという方は
お母様が読んであげてください♪
 
 
大事なのは
「一緒に楽しめるかどうか」です。
 
 
発音の矯正はDVDやお歌のCDなどで
大量のインプットさえしておけば
 
 
もう少し大きくなって音源を使える
ようになったら自然ともどります♪
 
 
それより小さいころに
たくさん読んであげることで
 
 
「本は楽しい!」をインプットして
ほしいのです♪
 
 
そうすることで後々
自然と自ら本を読むようになります♪
 
 
 
そして最後にいよいよ
オススメの絵本!
 
 
 
と行きたいところですが
なんだか長くなってきたので
 
 
 
こちらはまた次のブログで
書かせていただきます!
 
 
 
今回は
多読がどういうものなのか
どんなメリットがあるかのお話でした♪
 
 
 
多読について
ご興味を持たれた方はこちらをぜひ♪

 
 
 
 
ママ・パパがこの記事を読んで
一人でも多くのお子様が
絵本を読んでもらえますように!
 
 
 
▼おすすめ絵本はこちら
多読向け洋書絵本①
多読向け洋書絵本②
多読向け洋書絵本③

 

 

Thank you for reading!
Have a nice day!
 

 

 

<Home>