Phonicsってなに?

 


ブログ訪問ありがとうございます♡

Emiと申します!プロフィールはこちらです♪


 

 

 
さて、今回は

Phonicsってなに?

です。
 

 

このPhonics(フォニックス)という言葉

 

 
特に幼児英語に関わっていたり
お家でお子さまに英語を教えている方は
聞いたことがあるかもしれませんね♪
 

 

このPhonics(フォニックス)きちんと
理解して英語教育に取り入れていくと
 

 

子どもが英語を

どんどん読めるようになる優れもの

なのです!

 

 

実際、今教えているスクールでは
13年ほど前に幼稚園児のクラスから
このPhonicsを取り入れていますが
 
 
大きくなった子たちは
Phonicsを知っているから
初めて聞いた単語もほとんど書けますし
 
 
年少さんや年中さんくらいのお子様も
ほぼ全員!catやpigなどの3文字を
読めるようになっています♪

 

 
今までこのPhonicsについて
多くの保護者さまにお話してきましたが
 
 
どの保護者様も口をそろえて言うのが
「私も子どもの頃に
 Phonicsを知りたかったー!」
でした。
 
 
それくらい優れものなのです♪
 
 
 
では、改めまして

Phonicsとは?

 

Phonicsとは英語の
「音」と「文字」を
結びつけるためのルール
です!
 
 
例えば日本語は
「あ」と書けば、読み方も「あ」
「る」と書けば、読み方も「る」
ですよね。
 
 
なので日本語は50音さえ
覚えれば大抵は読めるのです。
 
(漢字やカタカナも覚えなければ
  いけない難しさはありますが^^;)
 
 
が!英語ではどうでしょう?
例えば「CAT」という単語。
 
 
アルファベットは「シーエーティー」
なのに読み方は「キャット」ですね!
 
 
「C」は「ク」
「A」は「ア」
「T」は「トゥ」
 
 
という「文字の音」であるPhonics
基づいて読まなければいけません。
 
 
え!「文字」と「文字の音」違うの?!
なんで「シーエーティー」じゃないの?!


というのが、
Phonicsを知らない子どもたちの中で
起こる一番初めの大混乱です(笑)
 
 
きっと英語が苦手な大人の方も中学校で
英語を学び始めたときそう思ったはず
 
 
単語の丸覚え、つらかったですよね…
 
 
単語の数は無数にあるので
丸覚えはとっても効率が悪い。
 
 
Phonicsは英語を効率よく
学んでいくうえで
とっても大切なのです。
 
 
Phonicsのルールはたくさんあります
が、まず一番初めに覚えてほしいのが
「一文字ずつの音」です。
 
 
先ほど書いた
「C」は「ク」
「A」は「ア」
「T」は「トゥ」が
この「一文字ずつの音」に当たります。
 
 
音を覚えるうえで、音源はとても大事。
そこで「教材がほしい!」という方に
お勧めしたいのがこちら♪
 
 
 

This is Phonics 1 (mpi)

 
こちらは2もありますが
「一文字ずつの音」という点では
初心者のお子さまはまずは
この1だけでも十分かと思います。
 
 
この本でしっかり覚えてから
This is Phonics 2 や違う本に
進みましょう♪

 

 
 

ルファベットチャンツ (mpi)

 
こちらは特に幼児さん向けで
「まだアルファベットも覚えてないよ」
といったお子様に向いています♪
 
 
もちろん「一文字ずつの音」
Phonicsも入っています♪
 
 
こちらはYou Tubeで紹介されている
♪小文字たいそう

 
♪アルファベットたいそう

 
文字の導入の際によさそうですね♪
 
 
<DVD>    <本+CD>
 
 
 

フォニックスチャンツ (mpi)

 
こちらは特に
アルファベットを覚えたお子さまや
小学校1-3年生程度のお子さま向け♪
 
 
「一文字ずつの音」だけでなく
今後レベルUPしていくと遭遇する
Phonicsも含まれているので
長い期間使える一冊だと思います♪
 
 
こちらはYou Tubeで紹介されている
♪短母音の歌

 
♪Phonics Jingle

 
♪サイレント e の歌

 
いいリズム感ですね~♪
 
 
<DVD>    <本+CD>
 
 
 
と、3冊ご紹介しましたが
実はどれもmpiという会社のもの。
 
 
私は全くmpiの社員でもなければ
無関係なのですがw
それでもお勧めしたい3冊です♪
 
 
というのは実は
このmpiの創設者である松香洋子先生
Phonicsを日本に持ってきた方
 
 
ということもあり教材も
よく考えられていて大変お勧めです☆
 
 
な!なんと!
Phonicsについて松香洋子先生の
レクチャーがありました!

 
 
▼物販も出ています

 

 
 
そのほか今の時代だからこそなのが
You Tubeですね♪
 
 
こちらはYou Tubeで
「Phonics」と検索してもらえれば
 
 
動画やお歌などたくさん出てくるので
お子さんが好むもの
楽しんでいただければと思います☆
 
 
ただYou Tubeだと
 
「一文字ずつの音は覚えたけど
そのあとどの順序でどのPhonicsを
 覚えればいいの?」
 
という方には向いてないかも…?
 
 
 
ということで今回は単語の読み書きや
スピーキングの発音などすべての
 
 
英語学習において重要なPhonics
の紹介でした。
 
 
まだまだ奥が深いので続きはまた今度!
 
 
年齢が小さいほど抵抗なく楽しめるので
ぜひまだまだお歌で楽しめる幼少期に
一緒に始めてあげてくださいね♪

 

 

 

 

Thank you for reading!
Have a good one!
 

 

 

<Home>