「TPR」ってなに?

 


ブログ訪問ありがとうございます♡

Emiと申します!プロフィールはこちらです♪


 

 
 
さて、今回は

TPRってなに?

です♪
 
 
 
みなさん「TPR」はご存知ですか?
 
 
 

TPRとは

 
Total Physical Response
全身反応教授法という指導方法です♪
 
 
 
・・・なんて言われても
なんのこっちゃー!ですよね ^^;
 
 
 
TPRは
特に英語圏で使われている指導方法で
英語圏以外の国から来た子どもたちに
英語を教える際に使われています!
 
 
最近では日本の英会話教室でもこの
TPRを意識してレッスンをしている所が
増えているみたいです♪
 
 
全身反応教授法というだけあって
例えばレッスンの中では
 
「Stand up」「Have a seat」
「Take out your textbooks」など
 
こどもたちへの指示は
日本語を使わず英語を英語のままで理解
してもらいます。
 
 
また子どもたちに動詞を教えるとき
「Jump!」「Run!」「Walk」など

 

フラッシュカードだけを使うのではなく

身体を使って動作で覚えてもらいます。

 
 
小さい子どもたちは動物の名前なども
身体を動かしながら英語を覚えます♪
 
 
 
 

TPRはなぜ大事なの?

 
子どもたちが日本語を覚えたときの
過程を思い出してみてください♪
 
 
大きな努力をするわけでもなく
気が付いたらいつの間にか話せるように
なっていましたよね?
 
 
これはもちろん日常生活の中で周りから
日本語のインプットがたくさんあった
ということも理由の1つ。
 
 
そして
その話しかけのなかに
「動き」があったからなのです!
 
 
例えば
「ありがとう」を教えるとき子どもにも
頭をペコっと下げさせますよね♪
 
 
初めはちゃんと言えなくても
繰り返すうちに「ありがとう」と
言えるようになりました★
 
 
英語になってもこれと同じで
「Here you are」や「See you」など
を教えるとき、実際に物を手渡したり
手を振った方が確実に早く覚えます♪
 
 

言語を学ぶときはこうやって

「言葉」と「動き」をリンクすると

効率よく習得することができるのです♪

 
 
そういった意味で、
特に英語を習う小さなお子さまは
やっぱりオンライン学習ではなく
英会話教室などで体を動かしながら
英語を学ぶ方がいいのかなと思います★
 
 
 
 

TPRのメリットは?

 
私もレッスンの中でできるだけ
日本語を話さず英語と動きのみで
伝えるようにしています♪
 
 
その中で気づいたメリットは
・年齢に関係なく反応してくれる
・体を動かすので楽しく英語を学べる
・「聞く」「話す」「読む」「書く」
  母語と同じ順で英語を覚えられる
 
です(^^)
 
 
ついこの間
幼稚園児のクラスで歌を歌っているとき
他の子どもたちがホワイトボードの前で
整列して歌っているなかで一人だけ

 

みんなの後ろでクルクル動きながら
歌っている子がいました。
 
外から見ているお母さんは少し眉を
ひそめて「なんでちゃんとしないんだ」
といった顔で見ていましたが
 
その女の子をよく観察するとちゃんと
お歌の動きとマッチしていました!
 
 
身体全体で
英語を吸収していたんですね(^^)
 
 
最近ではご家庭で英語をお子さまに
教えているママが増えてきています♪
 
 
ぜひご家庭で英語を教える際も
このTPRを意識して身体を動かしながら
楽しく学ばせてあげてくださいね♪
 
 
(疲れますが大人もやった方が
こどもたちも動くので頑張りましょう♪w)
 
 
 
\そんな元気いっぱいな子どもたちに!/
<本+CD>
 
小さければ小さいほど踊りだします♪
その踊る姿がたまらない…♡
 
 
 
ということで、今回は
身体全体で英語を吸収する
TPR(Total Physical Response)
「全身反応教授法」のお話でした
 
 
 
 
Thank you for reading!
Have a nice day!
 

 

 

<Home>