お歌の効果

 


ブログ訪問ありがとうございます♡

Emiと申します!プロフィールはこちらです♪


 

 

さて、今回は

お歌の効果

です。

 

みなさんは「お歌」がお子さまにとって
どのくらい大切だと思いますか?
 
なんとなく楽しそうに歌ってるわ~♪

うちの子は一日中歌ってるの
ちょっとは静かにならないかなぁ…

うちの子はお歌とっても上手よ!



などなど、お歌に対して
様々な反応を見せてくれる子どもたち♪
 
 
日本語のお歌でも
「意味わかって歌ってるのかな~?」
と思うこともしばしば。
 
 
それでも、つたない日本語で
一生懸命歌っている姿には
キュンキュンしちゃいますよね♡
 
 
 
そのこどもたちが毎日なんとな~く
歌っている「お歌」の効果ですが、
実はとてつもないのです。
 
 
 
もちろん日本語のお歌も大事ですが、
今回は英語のお歌の効果について
書いていこうと思います♪

 

 

 

①お歌を嫌う子どもがいない!
 
これ、実はとっても大切!
 
英語のDVDやテレビを見せていても
「ママ!日本語にして!」
と言われたことないですか?
 
 
実はこれ
だいたい年長さんくらいになると

「話を100%理解したい!!」

という気持ちが生まれるからなんです。
 
 
 
これも一つの成長ですが
これではせっかく
「子どもの英語力のために」と買った
DVDも棚に並ぶだけに…。
 
 
 

 

しかーし!!

 
 
 
 
お歌だとどうでしょう?
 
 
この世に歌が嫌いな子どもは
絶対いない!
 
 
と思えるくらい
どの子どももお歌が大好き!
 
 
不思議ですよね~
どんな子どもでも必ずお気に入りの歌が
1つ、2つはあります♪
 
 
そう!子どもって英語のお歌でも

抵抗感を全く示さないのです!

 
 
やったー!こんな簡単に英語に触れてもらえるなんてラッキー!

 

 

 

②自然に英語を覚えている?!

 

とはいえ、実際にお歌を聞かせてみると
 
「う~ん、内容も理解していないし
 発音もちゃんと言えていない…?」
 
と、もや~っとした
気持ちが残ると思います。
 
 
でも、それでいいのです!
 
 
小さい頃は特に、日本語のお歌ですら
意味をしっかり理解していません。
 
 
英語のお歌ならなおさらです。
 
 
それでも子どもたちは毎日歌いながら
少しずつ英語独特のリズム感や
音のつながり・語順や文法など
様々な英語の感覚を身につけています♪
 
 
特に小さいころは

 

あ、○○ってこういう意味だったんだ~♪
前より上手に歌えるようになったー☆


など、色々なことを吸収しています。
 
 
 
子どもたちはまだまだ字が読めない分、

「耳からの情報に忠実」

です。
 
 
だからこそたくさん聞かせることで
スポンジのようにどんどん吸収し
ぐんぐん英語を覚えます。
 
 
私が教えている幼稚園児も英語版の
パプリカを発表会に向けて練習中です♪
 
 
まだ歌詞を読めない年齢ですが
歌えるようになってきました!
 
 
ほんと子どもって天才!
 
 
こうやって色んな歌を積み重ねて
文法目線で考えられる中学生頃になると
 
「あれ?
 この文法、あの歌にも入ってた!」
 
「あの歌こういう意味だったのか!」
 
に変わっていきます。
 
 
小さいころなんとな~く歌っていた歌が
自分の英語力に変わる瞬間です☆
 
 
文法だけでなく音のつながりもそう。
例えば「メリーさんの羊」。
英語ではMary had a little lamb~♪
 
 
これを子どもたちに歌ってもらうと
ちゃんと上手に
 
「めーり はーだ りとー らーむ♪」
 
とつなげて歌ってくれます♪
 
 
大人になって
文字が読めるようになればなるほど
ここを頑なに「はど あ」と読むんです。
 
 
また読めるようになってくると
読むことに必死になりすぎて一瞬
はど あ」になりますが心配ご無用!
 
 
 
小さいころちゃんと
音を繋げられていた子は大きくなっても
必ずきれいな発音に戻ります♪
 
 
 
などなど、長くなりましたが…
 
 
 
とにかく英語のお歌は抵抗感が全くなく
その上英語特有のリズム感・音の繋がり
文法力や語順・語彙力までも伸ばす
 
 
優れもの!
 
 
ママも一緒に歌えるようになったら
お子様もより楽しく
英語を好きになってくれるはずです♪
 
 
車の中や家で遊んでいるときの
バックミュージックとして少しでも
お歌をきかせてあげてくださいね♪
 
 
Thank you for reading!
Have a good day~♪

 

 

<Home>