英語は必要?

 


ブログ訪問ありがとうございます♡

Emiと申します!プロフィールはこちらです♪


 

 

さて本題の
英語は必要?
ですが、この答えは
 
 
 
 

「Yes」の一択だと思います。

 
 
 
 
なぜって?
 
 
 
 
それは簡単
 
 
 
 

英語は出来て

当たり前の世の中になる

 
 
 
 
ただそれだけです。
 
 
 
とはいえ、特に年を重ねている方や
地方に住んでいる方は英語の必要性を
感じないのかもしれません。
 
 
現に私も仙台に住んでいますが
10年前に比べると
ずいぶん外国の方が増えたとはいえ
 
 
普段から英語を話す機会なんて
職場以外でゼロに等しいのが現状です。
 
 
それでも私の教え子たちには
 
「英語は出来て当たり前になる」
「英語となにか+@で頑張りな」
 
と伝え続けています。
 
 
正直あと数年しか社会で働かないよ
という年代の方にとっては
 
「英語を話せたら海外旅行が
 もっと楽しくなるな♪」
 
程度だと思います。
 
 
それはそれでいいと思います。




でもやっぱり意識はしていないけど、
英語を話せると困ることも、
東南アジアなどでぼったくられることも
全くありません。




ただこれから社会に出る子どもたちや
あと何年も仕事をしていかなければ
ならない人たちにとっては
やっぱり英語は必要だと思うのです。







え、今の仕事があるから大丈夫じゃない?








と思う人も多いと思います。
 
 
でも本当にそうでしょうか?
 
 
本当にあと10年後、15年後に
「今の仕事がある!」と
言い切れるでしょうか?
 
 
英会話インストラクターという仕事も
正直15年後にはなくなってしまって
いるのではないかと思い始めています。
 
 
 
英語の需要は

間違いなく今より上がるはず
 
 
なのにです。
 
 
 
なぜって? 
 
 
 
それは…
 
 
 
AIがどんどん

進化し続けているから

 

 

 

 

です。
 
 
 
あと15年後には間違いなく
外国の方ですら
英語力はAIに負けてしまうでしょう。
 
 
文法力だけでなく
自然な会話力ですらAIが
負けない時代がやってくると思います。
 
 
そうなったとき英会話教室に
わざわざ足を運ぶよりも家で
 
 
好きなタイミングでAIとレッスンが
できてしまうかもしれない。
 
 
そうなってしまったら
いくら少子化で一人あたりの教育費に
お金をかけてくれる家庭が増えている
 
 
とはいえ、英会話教室の数が
減っていくのは免れないでしょう(;;)
 
 
 
英会話業界だけではありません。
 
 
 
ほんの10年、20年前を知っている方は
思い返してみてください。
 
 
コンピュータが進化するにつれ
なくなっている仕事ってありませんか?
 
 
最近でいうとレジの業務です。
 
 
 
数年前までは一台のレジには必ず
人が立っているのが当たり前でしたが
今はどうでしょう。
 
 
複数台のセルフレジに
監視の人を一人つけるだけ。
完全にコンピュータに
仕事を取られてしまっているのです。
 
 
もちろん「人間が楽できる」のですが、
でもやっぱり怖いなと思います。
 
 
だって今まで「当たり前」にあった
仕事がなくなるってことですよね。
 
 
これだけで
何万人の人が職を失うのでしょう。
 
 
一昔前パソコンやインターネットが
出始めたころ必死にこの訳のわからない
機械にくらいついて行った方たちは、
今でもいい仕事をできているはず。
 
 
しかし、そこで
 
 
パソコンなんて今まで使わなくても仕事ができたんだから大丈夫でしょ!

なんじゃこりゃ!よくわからないや!
 
 
となってしまった方たちは言い方は
悪いですが時代についていけず 
 
 
レジの仕事や飲食など誰にでもできる
仕事しか選択肢は残っていないのかな
と思っています。
 
 
 
英語もそれと同じです。
 
 
 
今や英語教育とプログラミング教育が
小学校から始まっています。
 
 
今ほとんどの人がパソコンを
使えるように、これからは
 
 
英語やプログラミングが
できるのは当たり前
 
 
むしろ
 
英語 + プログラミング
   + 何かしらの技術
 
がないと
生き残っていけないと思うのです。
 
 
 
さらに英語だけでいうと
 
 
例えば日本の少子化に伴い
労働者の減少が問題になり
 
 
外国人労働者に頼らざるを得ない
となると英語が必要ですね。
 
 
「日本に来るんだから日本語を話せ!」
だなんて言っている企業は労働者不足で
潰れていくでしょう。
 
 
企業に勤める、となってもこれからは
日本国内だけで業務を完結する
というのも難しい話。
 
 
必ず外国の取引先の企業や
海外赴任が付きまとう
となってもやっぱり英語が必要です。
 
 
スポーツ選手になって
日本にいたとしても外国人選手との
コミュニケーションが必要だし
 
 
海外に試合に行く・コーチを依頼する
となるともちろん英語が必要です。
 
 
日本は島国だからか
なかなか新しいものを取り入れるのが
苦手な傾向があります。
 
 
が、グローバル化が進むにつれ、
確実に世界に通用する英語力・人間力を
求められる世の中になります。
 
 
英語を話せるようになるまで
「約3000時間」と言われています。
 
 
週1時間教室に通うにしても
年間で約53時間。
 
 
英語を話せるようになるまで
単純計算で56年です。笑
 
 

だからこそ、お子さまの先を見据えて
小さいころから無理のない程度で
英語に触れさせて「英語=楽しい!」
と思わせてほしいのです。









もう一度言いますが、

英語は絶対必要 です。







先を見据えてご自身のためにも、

お子様のためにも
英語を始めてみてくださいね(^^)
 
 
 
 
Thank you for reading!

Have a good day!





<Home>